「気」を「観」てきました~「2016冬至観気会」終了~

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

毎年冬至の日恒例の「観気会」。

今年も40名近くの方が集まり、吾妻山公園山頂で、一年で昼間が最も短くなる冬至の日の出のエネルギーをいただいてきました。

今日は冬至とは思えない温かさ。これからいよいよ寒くなってきますが、今日を境に、宇宙のエネルギーが「陰」から「陽」に転じ、昼間の長さは少~しずつ長くなっていきます。

元旦の日の出を見に行く方が多いですが、冬至は言ってみれば、気の流れの「大晦日」から「元旦」に移る瞬間なのかもしれません。

今日から新しい一年。

毎朝お日様に手を合わせてエネルギーをいただいて、一年後の冬至の日にまた皆で集まりましょう(*^^*)

 

2016-12-21 06.25.42

 一歩一歩、“天に繋がる“階段です。

2016-12-21 06.33.15

土の上に枯葉が積み重なった大地は、モフモフの心地よさ。コンクリートの地面が、私たちの体にいかに負担をかけているかが改めてわかります。

  2016-12-21 06.38.01

地平線のかなたには、日の出前のおひさまがスタンバイ。

2016-12-21 06.39.13

富士山も日の出を待っています。

2016-12-21 06.47.452016-12-21 06.51.18

ぽちっとお日様が姿を現しました。    目に見えてどんどん大きくなっていきます。

2016-12-21 06.50.22

 お月様も冬至の日の出を眺めていました。

2016-12-21 06.58.32 2016-12-21 07.01.34 2016-12-21 07.02.39 2016-12-21 07.04.40

吾妻山公園山頂は、私たちが毎日元気に暮らせることへの感謝の気持ちを気功で表し、天に奉納する舞台です。

2016-12-21 07.10.37

 ご参加くださった皆様、今年も有難うございました。また、来年!

こちらもお勧め

シンプルレッスンシリーズ

1分で背骨に気を通す丹田力強化~シンプルレッスンシリーズ①~

背骨に氣が通ると、姿勢が整うだけではなく、心も整っていきます。 それは、背骨に氣を通すというのは、西洋医学的にいえば、骨格、自律神経、呼吸を整えていきます。東洋医学的に言えば、督脈や足の太陽膀胱経に気が通ります。 難しい

お知らせ

2021年あけましておめでとうございます!本日から仕事始め!

あけましておめでとうございます。NPO法人心とからだの研究会&ホリスティックヘルススクールじゆう工房事務局の高橋拡です。こちらのメールは、以前に当会主催のイベントにご参加を頂いた皆さんにお送りしています。 本年もどうぞよ

最新イベント情報はこちら

FBイベントページより確認!

Scroll to Top