“板ずりきゅうり”で癒される

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

きゅうりを使った料理をする時に、「板ずりきゅうり」してますか?

きゅうりに塩を振って、転がして、なじませる。

こんなちょっとしたひと手間で、あじわいも、また見た目の色鮮やかさも変わってきます☆

お新香

 

さて、過日のじゆう工房指導員会では「板ずりきゅうり」をしました。

と言っても、料理をしたのではなく、「板ずりきゅうり」的ペア整体です(^^)

やり方はとっても簡単!

 

①きゅうりに塩を振る。→手指の腹で全身をたたく。

②なじませる。→緊張の緩んだ体をなじませる。

③切る。→癒着した筋肉をさらにほぐす。

④揉みなじませる。→細胞と細胞の間にまでなじませる。

 

こんなひと手間で、全身緊張モードからリラックスモードに切り替わります!

そして、その後が大切。

目を閉じて一瞬で瞑想。

全身が癒され、肉体が本来の自由自在な状態になった後、魂の根源に還る瞑想でした☆

 

 

 

 

 

こちらもお勧め

シンプルレッスンシリーズ

1分で背骨に気を通す丹田力強化~シンプルレッスンシリーズ①~

背骨に氣が通ると、姿勢が整うだけではなく、心も整っていきます。 それは、背骨に氣を通すというのは、西洋医学的にいえば、骨格、自律神経、呼吸を整えていきます。東洋医学的に言えば、督脈や足の太陽膀胱経に気が通ります。 難しい

お知らせ

2021年あけましておめでとうございます!本日から仕事始め!

あけましておめでとうございます。NPO法人心とからだの研究会&ホリスティックヘルススクールじゆう工房事務局の高橋拡です。こちらのメールは、以前に当会主催のイベントにご参加を頂いた皆さんにお送りしています。 本年もどうぞよ

最新イベント情報はこちら

FBイベントページより確認!

Scroll to Top