常式太極拳講座を行いました!-2019年7月21日

※常識太極拳とは?

常式太極拳はかなり珍しい型で、宮廷の御用に使われていたとされ緩やかな動きと素早い動きが交じっています。17式から全て行うと109式あるため初級者から上級者まで楽しめる道場です。

WHO健康の定義の中に「心」「精神」という項目があります。身体の内面と外側を強く逞しく整え、また​頭の中を「空」にし、全身の気の通りが良くなることで痛みから開放し、本来の自己回復力エネルギーを取り入れることができるようになります。

 

太極拳は、覚える楽しさがあり、繰り返し行うこで、味わいや深さが出てきます。

 

見た目は同じでも、中の動きが変わり、毎回新しい発見や気付きが生まれます。

こちらに参加をされた方は、Facebookの秘密グループに招待をし、そこで毎回復習用の動画をご覧頂けます。

その中で、今回の講座が終わったあと講師の浜田武仁先生からこんなメッセージが伝えられました。

浜田先生のメッセージ
今日からまた仲間が1人増えました。太極拳はご自分のペースで自分の範囲内で形にしていきましょう!

本日のお話は、私が中国で打拳に入る前にやっていた内容でした。スタート前30分の「瞑想」と「祈り」です。瞑想と祈りは神と繋がる為の表裏一体でありインプットとアウトプット。瞑想や祈りが大切なのは毎日続ける事。そして同じ時間に同じ場所がベスト!
10分〜15分くらいから始められると良いですね〜😉✨🎶

全ては継続は力なり!

ゆっくり練習していきましょう🌏✨🎶🌕✨🎶

 

初心者でも丁寧にご指導頂けるので、集中ができ、心地よいものです。

常式太極拳を学べる所は日本ではほとんどありませんので、是非一度お越しくださいませ。

凛とした柔らさをつくる常式太極拳講座(日曜15:30~17:00)

 

読んで頂き、ありがとうございました!