なぜ、笑顔が生まれる?脳科学講座ご報告

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

笑顔は、体にいいというけど、作り笑いと自然な笑顔では脳波が変わってくるようです。

脳の働きを脳波で観たとき、

自然の笑顔の脳波 → 7.8Hz が優勢になっていくとのこと。

作り笑いの脳波→10Hz が優勢。


7.8Hzには 1/f 揺らぎの 心地よさ・安心感・愛おしさが
含まれている → ストレス対策として効果的です。皮膚細胞が 7.8Hz 中心の 1/f 揺らぎだと美しい。

最初の内は、作り笑いだったとしても、段々と自然な笑顔になっていくことが大切のようです。

そのために、日々の実践としてできるメンタルトレーニングはこちら↓

ご参加された方は、下記動画にPSを入力すると録画が視聴できます。

ご確認ください。

回は、8月26日となります。

今回は、ある意味今まで一番大事といえるかもしれません。

三日坊主にならずに、

「続けるコツ」を脳科学の観点からお話頂きます。

https://www.facebook.com/events/326288272087713

是非、ご参加くださいませ~

こちらもお勧め

お知らせ

たつみ一郎zoom講演10月28日開催

【108歳まで元氣に歩く身体の調整法】~衣・食・住・医・身体を自然にもどし 生命力を最大限に~ 膝痛の専門家 たつみ一郎 先生。 スーパードクターとしてTBSにその手術が紹介されました。 ※紹介動画↓ 今までの常識・筋肉

最新イベント情報はこちら

FBイベントページより確認!

Scroll to Top