Now Reading
数霊でカタカムナを紐解く第22回「健さんの神聖数理学講座」開催レポート

数霊でカタカムナを紐解く第22回「健さんの神聖数理学講座」開催レポート

高橋拡(じゆう工房事務局)

今回は、22回目の神聖数理学講座。

テーマは、「カタカムナ」。

神聖数理学の軸となる、1は、「one(ワン)」ではなく、「unity(ユニティ)」。という考え方。これを軸にカタカムナを紐解いていくことで、理解が深まり、講師の健さんワールドを楽しむ時間でもあります。

カタカムナにある、【ミスマルノタマ】。

この中には、3・6・9という数字が表され、黄金比が隠されています。

この、3・6・9の数字に注目していたニコラ・テスラ。

彼は、「宇宙のことを知るには3・6・9の数が鍵になる」

という言葉を残しています。

意味を説明するには、実際に講座に出ていただき確認していただきたいですが、

大事なことは、 1+1=2 という二元論的な数字ではなく、

余りがあり、多様性があり、多角的に広がっていくとも言える、

ワンネスだけではなく、「unity(ユニティ)」ということ。

そこを軸にしながら、宇宙を捉えていくこと。

そんなことが大切なのかもしれません。

数字そのものよりも、そこから与えられる、生まれてくるものを体感していただければ嬉しい限りです。

次回は、3月12日15時からとなります。

この時間で、行う神聖数理学講座は、最終回となりますので、お見逃しのないようぜひご参加くださいませ。

詳細はこちらから↓

https://fb.me/e/YC300y3t

読んでいただき有り難うございました。

Scroll To Top